術後の靴、秋。

手術から、左足1年8ヵ月・右足9か月が経ちました。
(えっ?そんなに前だったっけ?笑)

順調な経過をたどり、ここまで行き着いた。
冷えや疲れとかで、苦しくなる事がたまにはあるけど、平穏な足。
昔と違って、悲鳴を上げることは、まず無い。

靴も履けるようになってきたし、ボチボチ集めだした。

その中から、秋用の靴をいくつかご紹介!

靴シリーズ・第3弾!

shoes11-1

アンクルストラップ。
なぜ、ストラップかって?
何故なら、窮屈にならないように、ちょい大き目のサイズ。
ストラップが脱げない様に補助的な役目をしてくれるかと、勝手に思い購入。

親指と他の指も、比較的真っ直ぐでいられるように、ゆったりラウンドトゥ。

短時間・短距離歩行用。

shoes11-1-1

履くとこんな感じ。
ヒールは、4cmのウェッジ。

shoes11-1-2

何かに触れると違和感を感じる傷跡も、ご覧の通り。
分かりにくいけど、薄汚れたような感じになってる所が傷。
ギリギリで靴に触れずにいられる!これは、私にとって重要ポイント。

shoes11-2

ファー付きパンプス。
なぜ、ファーかって?
何故なら、窮屈にならないように、ちょい大き目のサイズ。
モコモコが脱げない&クッションの役目をしてくれるかと、勝手に思い購入。(笑)

親指が可哀想な事にならない様、もちろんラウンドトゥ。

こっちも、短時間・短距離歩行用。

shoes11-2-1

履くとこんな感じ。
ヒールは、3cmのウェッジ。
(今の私は、ウェッジに安定感を求めてマス!)

shoes11-2-2

はい。
こっちもギリギリ。重要ポイントクリアーです。

shoes11-3

可愛い系ぺったんこ。
足の負担を超軽減、外反母趾に優しいらしい。
初めてのタイプ。

shoes11-3-1

どうやって服に合わせていいか、イマイチ分からないまま、「歩きやすいかも」と思って買っちゃった。
未だに、分からない。

靴底が薄い?ぺったんこ過ぎるから?
意外と、足が疲れます。
中敷き、必須。

普通の靴を買い始めたけど、まだ「慣らし」みたいなもんです。
しばらくちゃんとした靴を履いてなかったから、恐る恐る、試し履き。

骨がギシギシすることもあるし、特に左足の傷の違和感がもうちょっと落ち着いたら、納得のいく靴を買おうと思う。
早く、いっぱい歩いても大丈夫な靴が見つかります様に。

肝心な足の写真、取り忘れた・・・。
私の歴史の中で、今までにない自慢の足は、次回たっぷりと!(笑)

寒い季節がやってきます。
皆さんの足、お大事に。

右術後6カ月。

rfoot26-1

真っ直ぐです。
指の長さが、もともとおかしいけど、脱・外反母趾。(笑)
すっかり跡形も無い。

術後、あんなにあった赤みも腫れも無い。

rfoot26-2

横から見ても、ナニゴトも無い。

少し、ギシギシするけどつま先立ちも出来る。(完璧じゃないけどね。)
走れるし、泳げる。(泳ぐのは関係ないか。^^;)

Rfoot 26-1

骨の出来具合も、左足に比べて隙間も少なかったせいもあって、少し早いみたい。(画像は5か月の時。)

でもね、この猛烈な暑さの真夏の日々。
朝・昼・晩、クーラー無しではいられない。

そのせいか、骨がキンキンする。あとギュ~って握りつぶされてるみたいな感じ。
足が冷えてる感覚は無いけど、できるだけ冷えない様にいつものレッグウォーマー使用中。
もちろん、いつもの「指まですっぽり履き」で。

えっ?靴下?

それが、なかなか履けるようにならない。
やっぱり、キンキンする時は少し浮腫むようで、靴下を履くと重だるくなって痛苦しい。
靴下の折り目とか繊維の跡が、右だけバッチリついてる。

なかなか、サヨナラできない地味な痛さ。

先日、ズッキーニを切っていた。
まな板から、コロコロと転がり、落下先は右足の甲の上。

輪切りのズッキーニ。幅5mm。重さは10g程度。

なぜ、こんなに痛い?
うなりながら、痛い事にびっくり。

こういう痛さを感じることは、もう無いと思ってたので、「痛さ」より「痛かった事」に衝撃。

でも、何もなっくたって、足の甲は踏まれたりすると、死にそうになるもんね。
繊細な部分です。お気を付けください。

さて、ここまでくれば終わったも同然なので、次回の診察は年明けの1月になります。それが最後かな?

長きに渡ったこのブログも、いよいよ終盤。(まだ終わんないよ!終盤だからね。)
次回は、また靴の話でもしようかな?

それでは皆さん、足、お大事に。

左術後1年4ヵ月診察とビフォーアフターⅡ

consult11

ドキドキしながら手術を終えて、1年4ヵ月。
骨もこんなに、くっついて隙間も埋まってる。
ゴツくて、立派。踏ん張って立ってる状態の足。

consult2-1

直後は、こんなだったのにね。
真っ直ぐ切れるもんだな~って、変なとこに感心したり。^^;
力無く、だらりしてる状態の足。

Lfoot1

こんなミイラみたいな足が、

lfoot1-16

こ~んなに変わった♪

脱・外反母趾。

一生分の痛みが、術後一気に来たような気もしたけど、
今では、「そんな事もあったかな?」程度。

冷や汗出るほど我慢してた術前の痛みも、もう忘れちゃった。
相当痛かったのは覚えてるけど、どんな感じだったけ?(笑)

指の動きも、すっかり良くなりました。
先日の診察時、先生が言うには、60度まで反れるようになってるって。合格ライン。
私的には、以前と変わらない90度、そう、直角になるまで戻したい。

「ストレッチすれば、体も柔らかくなりますよね~?足もそう?」の質問に、
「経験からすると、1年で曲がる所までが限界。それ以上は難しいかな。」だって。
骨の周りの組織が、これで良し!と認識して、固定されちゃうみたい。

でも、ストレッチしよっと。だって曲がる様になればラッキー。
特に大股で歩いたり急いでる時、指硬いな~って思います。不都合は無いけど、余裕がない感じがする。

後は、傷跡。
傷跡自体は、残っても全然かまわないんだけど、麻痺しているような、そのくせ、変な痛みがあったり。
未だに、固く盛り上がってるので、床に間違って触れたりしたら、ヒャー!!
だって、ゴリッとかなるんだよ。小石の上に足を置いちゃった感じかな(笑)
ピンポイントで傷が真下になると、寝ててもハッて目が覚めるしね。
もちろん、靴選びも苦労中。

これさえ良くなれば、完璧。

それまで、もうちょっと。

お会計のページ、久しぶりに更新しました。

右術後4ヵ月。

Rfoot25-1

赤みもすっかり無くなり、浮腫みもほとんど無い。
そんな4ヵ月後の足をたっぷり、ご紹介。(笑)

Rfoot25-2

横から見ると、少し腫れぼったい感じ。

Rfoot25-3

でも、こんなに反れるのだ!

Rfoot25-4

グーだって、ご覧の通り。

Rfoot25-5

パーだって、ほらね。なかなかの出来♪

Rfoot25-6

何事も無かったような、平和な足たち。

でもまだ大切にしてるよ。
だって二日酔いの時は、浮腫んで痛いし。(笑)
不意に体重かかると、眉間にしわ寄るし。うわぁっ~!しばらくじわじわって。
時々、発作的にズキズキッて。

来月は半年ぶり、1年4ヵ月経った左足の診察です。

右術後95日目、只今ケイレン中。

Rfoot24-1

3日目に突入。

足の内側が、ずっとピクピク動いてる。
1日に何十回と、小っちゃくヒクヒクしてる。
むずむずして、くすぐったい。

Rfoot24-2

そうだ!私、運動不足だ!

いつもよりテンション上げて、歩幅も大きく歩き出す。
歩き出しは、やっぱり痛い。そのうち慣れて振動に変わる。最後は疲れて、痙攣の合間をぬってズキッ。うわぁ。

違うな。

そうだ!骨と筋肉の癒着が治り始めたんだ!
勝手な想像だけど、うん、たぶんそう。(笑)
極めて楽観的。

********* 追記 ********
現在4日目の夕方、今日は数時間に1回程度。
明日には、治まるな。

右術後84日目、診察の日。

Rfoot23-1-1

今日は、3か月後の診察の日。

レントゲン画像をのぞくと…
はい!やっと仮骨の影!先生の言うもやもやしたヤツが出来てました!
薄っすらだけど、ちゃんと私にも分かるくらい。
これで一安心とまた一歩前進。
手術仲間に見せたら、「なにコレ?術後1カ月で、私こんな感じだったよ!」だって。(笑)

Rfoot23-2

色もやっと戻ってきた。

Rfoot23-3

横から見るとこんな感じ。

おや?何か違いますね~。そうです。かさぶたが取れたのです。
昨日、お風呂の時、排水溝に吸い込まれていきました。
一応、失礼のないように昨日はいっぱい足を洗ったせいか、ぽろっと。
1/3位は、引っかかってすぐに取れちゃったけど、残りがしつこく、今日取れるかな~なんて毎日思ってたけど、全然取れないからすっかり興味もなくなっていた。で、やっと昨日流れて行った。スッキリした♪

腫れ具合は、ご覧の通り。普通の靴を履く勇気は、まだない。
実は、ちびちびと痛いのです。
立っていられない訳でもないし、歩けない訳でもないけど、じわじわと。
術後すぐに比べたら、こんな程度は痛い内に入らないかもしれないけど、さっぱりしない。

手術跡付近のみ。

先生には「大丈夫、絶対良くなりますから大丈夫!」と励まされ(笑)、次回の診察は2か月後。

こんな感じではありますが、3カ月経ち、手術して良かった!と改めて思う今日この頃。
外反母趾時代の、夜中の激痛一撃が無いって、素敵♪

右術後72日目、これでも順調。

Rfoot22-1

夜の痛みも落ち着き、ときどきズキズキッてなるくらい。
浮腫みも、こんなに少なくなって足が小さくなってきた。
親指は、ずんぐりむっくりで、憎めない可愛らしさ。(笑)

血流が悪いのかな~?
え~って思う様な色だけど、見た目に反して全然大丈夫。
力を加えなければ触っても痛くないし、何ともない。

Rfoot22-2

ほらね♪いっぱい反れるようにもなってる。
一段ずつ降りてた階段も、今は普通に近いかんじで降りられるようになった。

着替える時に、壁や物にちょっとだけ手を添えてるんだけど、先日、支えが無くても、イケるだろうって思ってるうちに勝手に体が動いた。
と、その瞬間、目の前が真っ白!息もできない激痛!
何と、バカな事に体重どころが重心までも親指に持って来てしまったらしい。

普段、体重をかけながら歩いたり立ったりしてるはずなのに、「つもり」だったのだろうか?

久しぶりの激痛事件でした。