こんな選択肢もあります。でも結構です。(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一見、何事もなかったかのような「脱・外反母趾」の左足で~す。

「出てる骨を削るってことも出来ますよ。でも切開するから完治まで2週間くらいかかっちゃうなか?」

先月の診察で、思わぬ提案を受けたのは、私があ~だこ~だ言ったから。

ミイラみたいで、グリグリした変な骨もすっかり無くなり、傷口も良くなり、なんといっても真っ直ぐで、以前のようなあの恐ろしい痛みが無くなった足。

でもね、ちょっとぽっこりした所が・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手術で、切り離され、残った骨がちょいと出てる。出ている事は気にならないんだけど、以前、このブログでも何度か書かせてもらってる通り、何かに触れたり、ぶつかったりすると、痛いというか、違和感と言うか、力が抜けて、わぁ~ってなります。(ゴメンナサイ!説明できず。)

先生がおっしゃるには、ぽこっとなっている上に神経が通ってしまったらしく、過敏になってるみたい。

角の残る骨も時間の経過と共に丸みを帯びて、徐々に良くなっていくよって、ずいぶん前に、そう言われた。

そして、その通り。

3年かけて、ゆっくりだけど良くなっている事は確か。(それにしても、ゆっくり過ぎかな?)今では、そっとなら手で触る事もさする事も出来る。ぽっこりを下にして横向きに寝ることも出来ようになった。(柔らかい布団の上だからね。)でも床にすわってぽっこりを下にできない。履き口の狭い靴は、履けない。スリッポンとかは、まず無理。(レインブーツも痛くてダメです。)刺激が加わると、イテテテテって。右足は大丈夫だけど、左足が置いてかれ中。

2016_08_3L

「と、そんな感じです。」とワタシ。

どーしても特定の靴を履かなくちゃならない!とか、床にいっつも座ってなきゃならないとか一切無い。

時々、飲食店や友人宅で床に座ることがあるくらい。その時は、立て膝かな。(笑)

もう3年以上も経ってるし、気になる様ならこんな選択肢もありますよ~みたいな提案。

予想外の選択肢に、「なるほど。邪魔な所は削ればイイのね!」と感心したのも束の間。

スッキリするだろうと思うけど、そこまで悩んでないし、苦しんでもいない。だって、ゆっくりだけど良くなってるし。

それに、これ以上の手術は、ゴメンですっ!!(先生からしてみたら、絆創膏貼るくらいの簡単なものかもしれないけど(笑)、私にはそんな根性ないです。)

「結構です。」思わず、笑いながら言ってみた。

もし同じような状態で、悩んでいる方がいらっしゃるなら、こういう方法もあるみたいですよ。

 

ついでに右足情報を。

クーラーで冷えたり気圧の変化?があると、キンキン・ズキズキ痛くなることがあります。思わず右足を上げちゃうくらい。これは右足だけです。約1年先輩の左足は、もうキンキンしないので、右足もあと1年くらいすれば治まるのかな?と思ってます。足の裏の親指と人差し指の付け根あたりに「ん?」と思うことがるんだけど、何かな?

次回の診察は、来年春。3月です。

左術後3年4ヶ月・右術後2年5ヶ月

IMAG2887

皆さん、未だ梅雨明けせずジメジメの中、いかがお過ごしでしょうか?

すっかりご無沙汰してしまいましたが、通院継続中です。

今年1月の診察結果の更新をすっかり忘れてしまったので、今回は、先日7月21日に行ってきた診察のご報告を。

覗む画像越し、密になっていく手術跡。どんどんゴツくなっていきます。(笑)自分で素足を見る限り、何事もなかったような普通の足で、外反母趾だった事を感じさせない。外反母趾?それなんだっけ?と、本人も忘れ気味。

でも、レントゲンを見ると思い出すって、面白い。こんな事になってたんだね~。一人、回想中。

IMAG2890

実は、約3年間通った慶応病院での前回の診察を最後に、今回からはこちら!

港区の三田病院。

IMAG2888

新規の受付を済ませ、どしゃ降りの雨にかすむ東京タワーを背に待合室で順番待ち。

番号を呼ばれ、開けたドアの向こうに、はい、須田先生。

そうです!ずっとお世話になっている執刀医の須田先生は、現在はココにいるんです!

移動のお話を聞いたのは、1年ほど前の事。で、半年前の慶応病院での最後の診察時に、三田病院への紹介状と一緒に予約を入れてもらって、先生にくっついてきました。(笑)

現在も慶応病院で診察をされていますが、新規の患者さんは、受け付けていないようです。

「先生の事、書いてもイイんですかね~?聞いてからにしようと思って。」

「あ、ど~ぞ。書いてもらって全然かまわないです。」

あっさり快諾、頂きました。ついでに、今まで病院名と先生の名前をイニシャルにしてきましたが、解禁です。先生、有名過ぎでとっくにバレバレだしね。

そうそう。肝心の診察結果。

生活に不便も無いし、困ることも無い。指の曲がり具合も快調そのもの。ドキッとすることも時にはあるけど、以前とは比べものにならない。若干の気になる事は、それなりに対処できるし気を付ければイイ事。それをふまえ半年間の「おや?」と思う現状を伝えてみる。

「簡単な手術も出来ますよ。でも切開するから完治まで2週間くらいかかっちゃうなか?ご希望なら。」

先生ったら、突然何を言い出すのよ~。ご、ご希望しません!ご希望は無いですっ!まさかの提案に、ムリ無理って。その選択肢いらないです。(笑)

その選択肢が浮上した詳細は、次回に続く。

 

術後5日目、祝シャワー。

Lfoot7

今日はシャワーを浴びるのだ♪

シュミレーションは、ばっちり。

スーパーのレジ袋で濡れない様にする。
水滴が垂れてきても足首のタオルがガード。
バスタブにはフタをして、その上に足を置き、床に座る。(これで足を上げてられるのさっ。)
浴室暖房のスイッチも前もって入れてもらった。
シャワーヘッドも手が届く様、下に置いくれるよう頼んだ。
濡れててもそのまま着られるバスローブもフタの上にスタンバイ。
これを着て浴室を出れば、任務完了。

今日一番のうれしい大仕事。

さっぱりするって、気持ちイイ♪

最後の最後で、大失敗。
松葉杖に手が届かないアクシデント…。

左足、矯正完了。

consult2

手術後の診察。

「これだけ上手く矯正できていれば、再発の心配はないですよ。」

さすが先生。
ありがとう!

見事に割られた骨と挿さったワイヤーが何とも痛々しいけど、無事終了。

麻酔は、夕方頃から切れ始めるので早めに痛み止めを使った方が良いって。

後、最低48時間は動かない事。動くとうっ血した跡が残っちゃうみたい。

痛みは、4日位すれば徐々に和らいでくるって。

* * * * *

48時間経過した今、とてもじゃないけど痛くて動ける状態じゃない。

痛いよー。

お風呂。

feet4

お風呂でゆっくり♪
術後しばらくは、入れないからね~。
お風呂好きな愛猫ちゃんと一緒のバスタイム。

術後は、許可がでるまで入浴禁止です。
傷口をビニール等で保護すればシャワーはOK。

明日は、温泉に行くのだ。^^

手術当日は…
・持ち物―説明の用紙、診察券、承諾書。
・来院時間―手術開始15分前までに外来手術室の前へ。
・食事―開始2時間前までに済ませる。
・来院方法―確実な時間に来れる方法、帰りは自分の運転はダメ。
・付き添い―できる限り誰かと一緒に。
・服装:着脱しやすい服装。スカートまたはゆったりズボン。

他にも、装飾品はバツ、メイクもバツ、マニキュアもバツ、付けづめもバツ。
お化粧はダメなので、新宿まで通勤時間帯の電車ですっぴんで行かなきゃ。(><)

おまじない。

GDLcharm

今日から、手術当日の朝まで薬を飲みます。

毎食後に1錠ずつ。

「これは、おじまない。
飲むの忘れても、当日の朝、ここに来てから飲んでもらうから大丈夫。」と先生。

見事に忘れた…。
その程度の薬で良かった♪
ホントは昨日の昼からだったのですぅ。^^;

抗生物質という名の“おまじない”。