術後の靴、色々。

shoes12-1-1

久しぶりに、一部ですが靴のご紹介。

スニーカーが苦手だという事は、以前も何度か言ったと思うが、それでもスニーカー購入。(笑)
ワタシ的考察の結果、意外とスニーカーって爪先の空間に高さが無い!ソール部分に紛れて、そう見えないことが多いけど、横幅には余裕があっても高さが無いからじんわりと痛くなるんじゃないかな?

少々大きめサイズのスエードのスニーカー。

shoes12-1-2

ストレートパンツをロールアップにして、こんな感じで履いてみた。
履き心地は、マル。歩き心地は、微妙。

続きまして、ハイ!出ました!

shoes12-2-1

じゃ~ん!安定感を求め続けたウェッジをいよいよ卒業。
エナメルの8cmヒールパンプス。しかもレッドソール。(笑)
パーティー用。
年に1回あるかないかだけど、今年初めのパーティーで履いていく靴が無くて困ったので、あってもイイかなと思い、そんな口実を付けて購入。

shoes12-2-2

いつものように、指が窮屈にならないラウンドトウ。ワイズも広々。

裁断から縫製まで純国産の、”安定感抜群!走れるパンプス”がキャッチコピー。
私なりに、ちゃんと足を労わるのを忘れてません!生まれ変わった足に無理はさせておりません!
あしからず。

未だに触れると全身の力が抜けそうになる傷痕ですが、そこはご安心を。
ギリギリですが何処にも触れることなく、履けます♪

こっちは、カジュアル。

shoes12-3-1

自分の年を考えもせず、張り切って迷彩柄パンプス。(笑)
もちろんラウンドトウ&広めなワイズ。ヒール5cm。低反発の中敷き。

shoes12-3-2

こちらも他と同様、履き込みが浅めで傷には触れなくて済む。だから履ける。
キャンバス生地でフィット感は無いけど、意外に履きやすい。
ちょこっとお出かけするのに、ちょうどイイ。

パンプスを履けるようになったとは言え、毎日履いているわけではないです。
確かに、だんだん慣れてくるので時間も歩く距離も長くなってますが、
足が可哀想なことにらないように、(辛いのは自分だし)
せっかく真っ直ぐになった指が元に戻ってしまわないように、気を付けてます。

じゃあ、履かなくても?とか、そんなの履いてるから外反母趾に。とか言われそうですが、タイプに関係なく自分の足に合った靴が見つけられれば、理想です。仕事もしてるし、シチュエーションに合わせなきゃならない時もあるし、可愛いのもカッコいいのも履きたいし。
物欲満点。

お陰様で、靴選びの自由度が広がりました。
寒くなるこれからは、もこもこの楽ちんブーツが主体です。

それでは、皆さんの足、寒さで痛みません様に。お大事に。

※次回診察は、来年1月です。

術後の靴、秋。

手術から、左足1年8ヵ月・右足9か月が経ちました。
(えっ?そんなに前だったっけ?笑)

順調な経過をたどり、ここまで行き着いた。
冷えや疲れとかで、苦しくなる事がたまにはあるけど、平穏な足。
昔と違って、悲鳴を上げることは、まず無い。

靴も履けるようになってきたし、ボチボチ集めだした。

その中から、秋用の靴をいくつかご紹介!

靴シリーズ・第3弾!

shoes11-1

アンクルストラップ。
なぜ、ストラップかって?
何故なら、窮屈にならないように、ちょい大き目のサイズ。
ストラップが脱げない様に補助的な役目をしてくれるかと、勝手に思い購入。

親指と他の指も、比較的真っ直ぐでいられるように、ゆったりラウンドトゥ。

短時間・短距離歩行用。

shoes11-1-1

履くとこんな感じ。
ヒールは、4cmのウェッジ。

shoes11-1-2

何かに触れると違和感を感じる傷跡も、ご覧の通り。
分かりにくいけど、薄汚れたような感じになってる所が傷。
ギリギリで靴に触れずにいられる!これは、私にとって重要ポイント。

shoes11-2

ファー付きパンプス。
なぜ、ファーかって?
何故なら、窮屈にならないように、ちょい大き目のサイズ。
モコモコが脱げない&クッションの役目をしてくれるかと、勝手に思い購入。(笑)

親指が可哀想な事にならない様、もちろんラウンドトゥ。

こっちも、短時間・短距離歩行用。

shoes11-2-1

履くとこんな感じ。
ヒールは、3cmのウェッジ。
(今の私は、ウェッジに安定感を求めてマス!)

shoes11-2-2

はい。
こっちもギリギリ。重要ポイントクリアーです。

shoes11-3

可愛い系ぺったんこ。
足の負担を超軽減、外反母趾に優しいらしい。
初めてのタイプ。

shoes11-3-1

どうやって服に合わせていいか、イマイチ分からないまま、「歩きやすいかも」と思って買っちゃった。
未だに、分からない。

靴底が薄い?ぺったんこ過ぎるから?
意外と、足が疲れます。
中敷き、必須。

普通の靴を買い始めたけど、まだ「慣らし」みたいなもんです。
しばらくちゃんとした靴を履いてなかったから、恐る恐る、試し履き。

骨がギシギシすることもあるし、特に左足の傷の違和感がもうちょっと落ち着いたら、納得のいく靴を買おうと思う。
早く、いっぱい歩いても大丈夫な靴が見つかります様に。

肝心な足の写真、取り忘れた・・・。
私の歴史の中で、今までにない自慢の足は、次回たっぷりと!(笑)

寒い季節がやってきます。
皆さんの足、お大事に。

右術後26日目、ひとり立ち。

feet31

出かけるときは、誰かと一緒。
人が近くにいると、恐怖なのです。だから万が一の時助けてもらおうと思って。
この人、急に後ろに下がってきたらどうしよう?とか、
何かにぶつかったら、倒れるな。とか、
転んだら、きっと痛いな。とか、
スーパーのカートにも足をひかれそうな気がする。(笑)

そんな事は、ほとんどないと思うけど、妄想は膨らむ。

結局今のところ、ひとり立ちできるのは、近所のコンビニ。

午前中はまだ体がボーっとしているせいか、足を下ろしていると、”う~ん…”な感じ。
夕方になると、少々浮腫んで、親指の先がジンジンするし、立っているのも、”やめとこ…”ってなる。

私の外出ゴールデンタイムは、お昼前後なのだ。

装具とスニーカー。それと杖を持つ。
以前紹介したサンダルは、まだ寒過ぎなのでスニーカーを。右足は指先までレッグウォーマーですっぽり。
スニーカーは年季の入ったホーキンス。以前から持っているそこそこ歩ける靴のひとつで、去年の一斉処分も免れた靴。
ソールも中敷きもなかなかの厚みだったので、これに2cmくらいのインヒールを入れてみました。
そんなに高さの違和感なしです。

実は、術後の左足にスニーカーを履くのは初めて。
まだキズに何かが触れるとしびれた様な違和感がある。強い力が加われば、もちろん痛い。
歩き始めは少し気になるけど、大丈夫。
でも履く時、いちいち紐を大きく広げて結んでってしないと、履けない。入り口でキズにぶつかるから。
横着者なので、今まで結んだ紐は、履く時も脱ぐ時もそのままだったんだよね。

肝心な右足は、順調に回復中!
歩く際、足をもち上げた時に痛みがあったけど、ここ数日は着地する時のほうが痛いかな。
それを避ける為に、体重を小指側の側面にかけてしまう。いいんだろうか?
コキコキいってたのも、収まりつつあります。その代わり何かの拍子にゴリってなる。(汗)

装具は、3本のマジックテープで調節できるようになってます。
親指一体と甲が締め付けられる痛いので、足首に近い所はキュッと固定。
他の2本はパカパカしない程度のゆるめに。

こんな微調整をしつつ、リハビリも兼ねた外出。

入院準備2

protecter2

久しぶりに、装具の登場!
入院に”持っていく物リスト”の中でも忘れてはならない装具。

作った時に、装具屋さんが洗濯機で洗えるって言ってたけど、絶対浮いて上手く洗えないよね。
さんざ履いた後に、手洗いしてしまっておきました。

それで、思い出した事。

装具は結構な高さがあるのだ。
初めの頃は、左に装具、右にスニーカーを履いていた。
が、あまりにも高さが違いすぎて、上手く歩けず腰は凝るし、股関節は痛くなってしまった。
急きょ、購入したのがコレ↓。

shoes10-2

購入条件はふたつ。

装具と高さが同じ位であること。
外反母趾でも履けること。

以上。

デザインや好みは二の次。
7cm位の高さはあるけど、安定感のあるウェッジソール&プラットフォーム型っぽいから、つま先とかかとの高低差はあまり無い。
ワイズは、こんなサンダルなのに十分広く、指1本入るほど余裕。
数件回った靴屋さんには履けるのが無く、ショッピングモールをぐるぐるして、若い子向け(笑)の服屋さんでやっと見つけた。(足は痛いし、疲れきっていて、思いっきり妥協。その割にはいっぱい履いちゃった。)

shoes10-1

そして、今回は反対。

術後の左足、初めての試着。
傷口が、微妙な位置に…。
立つだけならギリギリ当たらないけど、歩くとなるとどうかな?もしかしたらダメかも。
外出できるようになってからだから、履くのは3月か?4月か?しかも季節先取り過ぎで、寒そうだな。ん~どうしよ~かな?

色々気になる事もありますが、とにかく、今度は11か月ほど過保護にしてきた左足に、頑張ってもらわないとです!

*** 追記 ***

参考までに、

protecter1-1

装具の高さの詳細を記しておきます。

術後の靴、冬。

夏に引き続き、術後に買った靴の紹介、冬バージョンです!

7ヶ月ちょっと経ちますが、まだ傷周辺の感覚は完全にもどらず、何かに触れれば痛いし、ぶつかったりすれば息が止まる位痛いです。

なので、靴選びは大変。そんな中、いくつか履ける靴を買いました。

shoes6

ミネトンカ・ウッドビーズモカシン
モコモコに誘われた。(*^^*)

shoes6-1

本当は、アグのジープスキンで中が天然ウールでモコモコのダコタモカシンが欲しくて買いに行ったが、履けるサイズだと異常に足が大きく見える。というか長い。良かったけど今の私の足にはしっかりし過ぎていて、慣れるまで時間がかかりそう。ひとまず保留に。
そんな中、幅が狭いからミネトンカは絶対履くことは無いと思ってたけど、あれ?このモデル幅広い?つま先も丸い?試着してみたら、履き心地も柔らかくて軽い。傷にも当たらない。アグと比べたら耐久性は無さそうだけど、今現在の履き心地を最重視!こっちだな。
店員さんには、足に馴染んでくるからと、ぴちぴちサイズを勧められたが、脱げない程度のゆったりサイズにした。長時間履いてられるので、当たりな一足♪

shoes7

フィットフロップ・シャビフェルト
夏にここのを買って良かったので、冬も♪

shoes7-1

楽ちん♪楽ちん♪
でも、慣れるまでちょっと時間がかかりました。かかとが固定されていない為か、足を入れる所が深い為か、歩く度に傷が擦れる感じ。今は、ようやく慣れたし、厚いユルユルな靴下でも履けるので重宝してます。
フェルトの他にヌバックもあったけど、履いた感じが重かったし固かったのでフェルトにしました。

shoes8

レザーロングブーツ
柔らかい牛革のロングブーツ♪

shoes8-1

履く時、おっかなびっくりなので、ゆっくり足を入れますが、入ってしまえばこっちのもの。中の空間も広く、柔らかいレザーだけどつま先と甲はしっかりしていて傷にも当たりにくい。ただ、長時間歩けるかどうかは不明。中にちゃんとした中敷きを入れたほうが良さそう。そして、弱点。革は冷えるのだ。
ブーツの悩み…足のサイズに合わせると、筒周りがいつもブカブカ。仕方ないか。細いタイプは、大体つま先もワイズも狭いから履けないもんねー。外反母趾には敵だわ。(笑)

どの靴も共通して、つま先が丸く、靴の中で指が自由になる。もちろん傷が痛くない事。
私の中では、「履ける靴」と「歩ける靴」のふたつのカテゴリーがある。その日の歩く距離や外出時間がどれだけかによって履き分ける。
今回紹介した靴は、まだ購入して1~2か月ほど。まだ「履ける靴」にすぎないのだ。
これが「歩ける靴」に昇格できるかな?
(ちなみにスニーカーは以前から苦手です。なぜか痛くなりやすい。)
手術前も手術後も、靴選びは大変。これからも靴探しは続くのだ。

おまけにこちらも。

shoes9

いつものブーツたちを出しました。だいぶ履きこんでるけど、冬はこれに限るね~!

術後の靴、夏。

今日は、靴の紹介です。
新しい足には新しい靴を!と思い、手術前に靴やサンダルをごっそり捨てた私です。

shoes3

スポンジ材で出来たビーサンタイプ。履き心地がイイというより、とにかく履けるモノ。そして、プチプラ。

shoes3-1

これで仕事もするし遊びにも行く。車も運転するし電車にも乗る。
装具の後、最初に買いました。傷に当たらず軽いもの。格好悪いしショボいけど、そんな事も言ってられず。今では重宝してます。素足だと、ちょっと擦れるのでレッグウォーマーを。(^^; 綿の夏 ver. 冷房対策でもあります。靴下やサポーターは、締め付けられるのでまだ履けません。

shoes4

本来はエクササイズ用。購入の決め手は、歩く際のショックを吸収するので足への負担が少なく、裸足の様な履き心地と言うこと。

shoes4-1

フィットネス効果には、まるで興味が無いけど、履いてみて気持ち良かったし、何と言っても傷やしびれている部分にどこも当たらない♪たくさん歩いても疲れにくいみたい。ただ、鼻緒を挟む指の力が無いせいか、歩いていて時々フィットしているはずのソールから足がずれる。購入する際は、ぴったりサイズかやや小さめでもイイかなー?と思います。

shoes5

誰もが知ってるコンフォートシューズと言えばコレ。
あの穴の空いたデザインが、どーも好きになれないので無いタイプに。

shoes5-1

残念。足が奥まで入る前にイテテテ。履けても歩く度に手術跡に触れ、力が抜けてへっぴり腰歩行に。こちらは、まだまだ出番なし。足が大きく見えることにコンプレックスがあるので、もともと拒否反応があるのかもしれない。うん。あるね。(笑)

shoes3-2

やる気の無さそうなラバーサンダルは、長めストレートのパンツで目立たない様にするのだー。

shoes4-2

こっちはフィットネスっぽく見えない様に、麻ワンピースと一緒。

※靴の履き心地と感想は、個人的なものでーす。

装具の準備。

protecter1

2013年2月15日。

今日は装具を合わせに病院へ。

整形外科のギブス外来で順番待ち。
装具屋さんが来ていて、普段はいている靴のサイズを聞かれる。
「じゃあコレ履いてみて下さい。はい、OKです。」
採寸とかするのかと思っちゃったけど、試着だけ。

歩くときは、装具を履いている足より、健康足が前に出ない様に!だって。

装具というより、変なサンダル?
つま先の方は、地面に就かないよう宙に浮いた状態を保つようになっていて、足首はバリバリで調節。
軽量設計で左右兼用。ドイツのメーカーの医療用装具。
お値段¥32,754。(一足じゃないですヨ。ひとつですヨ!)

保険適用なので、申請すれば一部負担ですみます。
医療用とはいえ…けっこうするよね~。
書類がそろったら、早めに申請しに行こう。手術前に行けるかな?

変なタグも付いてるし可愛くないけど、しばらくは必須アイテム。
家の中でも外でも歩くときは履かなきゃならないだろうから、すっごくお世話になるはず。

手術当日、ちゃんと忘れずに持っていかないとね!

コレね、洗濯機の手洗いモードで洗えるんだって。^^