最後の診察

20170309_1

3月9日、これが最後の診察。

「最後にしてもイイですし、年に1回くらいの診察でもイイですよ。どうしましょ?」

ここまで長い間通ったので、名残惜しい気もしたけど、「最後にします。」と返事。

たぶん、この先、不具合が生じることはないと思うし、もう十分診てもらった。

前回の記事の”でっぱり”は、このまま今後も上手く付き合っていくことにした。気を付ければいいし、その内なんとかなるだろうし、もしかしたら忘れてしまうかもしれないし。(笑)

一礼しながら、これまでの感謝を込めお礼を言ったつもりだったけど、いつもよの様に、慌ただしく診察室を後にしてしまった。

先生に「あ、写真撮りました?」って聞かれる始末。

2013年2月から始まった、このことは、私の中ではちょっとした”事件”。

2度の手術を経て、しかも日帰りと入院と言う欲張りな体験をして、気が付けば4年の歳月。

ブログのタイトル通り、小学生の頃から長い長い付き合いをしてきたけど、これでひと区切りついた。たかが外反母趾、されど外反母趾。これからそこそこ生きるとして、人生の半分ほど共にしてきたけど、ようやく終止符を打てる。

良い先生に巡り合え、サポートしてもらえる環境もあって、感無量。感謝が尽きません。

家に帰って、「今日で最後だったよ。」と伝えると、「手術して良かったね。前は歩けなかったもんね~。」だって。

私、歩けなかったっけ?

どうやら、出かけても、痛いからもう歩けないとか、いっぱい歩くなら行かないとか、しょっちゅう言っていたらしい。外反母趾と共に、記憶も消えているようです。(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

現在の様子。

左・術後4年。

右・術後3年。

真っ直ぐのままです。へんてこなグリグリした骨もありません♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

疲れたり、着圧ストッキングやタイツを履くと、痛苦しくはなりますが、”激痛”とは無縁です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

診察は終わりですが、次回は現状やら考察やら、思うことを少し書き留めておこうと思います。(最終回はまだです。しつこく続きます。)

****お知らせ****
須田先生が移動されます。
4月からは、国際医療福祉大学塩谷病院の院長に就任されます。
就任後も、週に1回現在の三田病院での診察を行う予定ですが、新規の患者さんは塩谷病院でお受けするそうです。

*****追記*****
2017年5月27日8時より放送予定:NHK「チョイス病気になったとき:足のトラブル」に須田先生がご出演されます。

左・術後約2年半、右・術後約1年半。

feet34-1

お久しぶりです。

先日、半年ぶりの診察に行ってきました。

ご覧の通り、良好そのもの。左右を並べてみた。

ここまでになると、半年前との差が、ん~、良く分かりません!

feet34-2

普通に立ってるところ。

レントゲン画像を見ない限り、足の中で骨が電動のこぎりで切られ、大変な事を乗り切ったとは想像できない今日現在。(笑)

feet34-3

ぎこちなかった動きも、なんとか余裕のある動きに。

6割の動きが出来れば合格と言われる中、9割くらいは元の動きが出来てると思う。

ボケた写真の通りです。(笑)

feet34-4

動きが悪いとバランス感覚も悪くなるし、力の入れ方も微妙で痙攣したり、ふくらはぎから足の裏までつったり。

筋肉が上手く使えないと、そうなるらしい。

貧乏ゆすりみたい(笑)にガクガク震えたり、急に力が抜けてカクってなったり。

最近は、ようやくそれが落ち着きました。はぁ~良かった~!

グラグラだった片足立ちも、今では疲れない限りずっと立ってられるし、以前に限りなく近い。^^

何事も無く平穏な足になった?

それがね~、”う~ん”な時もあるのです。

外反母趾時代の激痛は、なんだったの?と思うくらい過去の事なんだけど、欲って出るものですね~。

ちょっとでも痛みがでると、「なんで!?」ってね。

とりあえず、今はクーラーで冷えないようにと調子に乗らないよう(無茶しないように)注意してます。

多少の細かい事はありますが、順調かつ大成功な結果にご満悦。

次回は靴の紹介をしようと思います。第4弾。

それでは、皆さんの足もお大事に。

左・術後約2年、右・術後約1年。

先日、1/15に半年ぶりの診察へ。

骨、できてるかな?
な~んて過去に心配していたのが懐かしく、
どこまで立派になっているかと思う今日。

consult12-1

はい。良くできました。
約2年経った、左足です。
踏んでも蹴っても、びくともしなそうなほど。
(実際にそんな事をしたら、きっと気を失う。)

骨密度も高そうな気がする。
勘です。(笑)

骨の隙間が完全には埋って、真っ直ぐ1本になることはないそうです。
埋まったらビックリなほどゴツい骨になっちゃうもんね。
でも、外側の出っ張った所は、丸みを帯びて馴染んで来るって。
この出っ張りが厄介だから、良かった。

consult12-2

こっちが、約1年後の右足。
骨、頑張りました!

以前は、小さなふたつの丸い骨?が、親指と人差し指の骨の間にあった。
(えっと・・・足も人差し指って言うのかな?)
本来は重なっていなくちゃならないのに、親指の骨が、そこから外側へ、ずり落ちてた。
今は、ちゃんと正し位置に。ちょっと透けてる骨の後ろに、丸い物体がふたつ見える。

以前にも書いたけど、手術直後まだ麻酔も切れないうちに、先生から「ここまで上手く矯正できていれば、今後の再発の心配はまず無い」とお墨付きをもらっている。
と、言うことは完全な足になったのだ。
あとは、痛い「記憶」が足から消えてくれれば完全完治。

未だに、まわりが心配して気遣ってくれる。
歩いてる時や立ちっぱなしの時に、声をかけてくれる。
感謝です。
そして、S先生に巡り会えたことに、感謝♪感謝♪

まだまだ寒い毎日。
皆さんの足、お大事に。

左術後1年9か月と右術後10か月

feet32-1

前回の更新からすっかり季節が変わってしまいました。^^;

お久しぶりです。

真っ直ぐな親指も板についてきた。以前の筋張っててごつごつしたミイラみたいな足は、もはや思い出せない。

経過も、いたって順調そのもの・・・だった。
絶好調に過ごしていた。そう冬が来るまで。先月までの話。

12月に入って、激変。
寒気やらナントカ低気圧やらがやって来たせいなのか、とにかく重たい不快な痛みの襲撃。
両足共、骨の上をピンポイントで狙われている。

外反母趾時代の痛みに比べれば、痛いうちに入らないのかもしれないが、一度痛みを忘れてしまうと、免疫が無くなるらしい。
痛いのが怖くて敏感になってる。

とは言え、真っ直ぐな女子っぽい足に感無量。(笑)

feet32-2

こっちが、左で、

feet32-3

こっちが、右。

feet32-4

こっちが、ぐぅで、

feet32-5

こっちが、ぱぁ。

feet32-6

余裕の直角。

背伸びだって、
シェ~だって、
完璧。

(以前より長時間出来ないし、フラつくけど、そのうち出来るようになるだろう。)

来月、久しぶりに両足の診察。
骨の隙間も埋まって、頑丈そうな骨になってるはず。

皆さんの足、お大事に。

良いお年を。

左術後1年4ヵ月診察とビフォーアフターⅡ

consult11

ドキドキしながら手術を終えて、1年4ヵ月。
骨もこんなに、くっついて隙間も埋まってる。
ゴツくて、立派。踏ん張って立ってる状態の足。

consult2-1

直後は、こんなだったのにね。
真っ直ぐ切れるもんだな~って、変なとこに感心したり。^^;
力無く、だらりしてる状態の足。

Lfoot1

こんなミイラみたいな足が、

lfoot1-16

こ~んなに変わった♪

脱・外反母趾。

一生分の痛みが、術後一気に来たような気もしたけど、
今では、「そんな事もあったかな?」程度。

冷や汗出るほど我慢してた術前の痛みも、もう忘れちゃった。
相当痛かったのは覚えてるけど、どんな感じだったけ?(笑)

指の動きも、すっかり良くなりました。
先日の診察時、先生が言うには、60度まで反れるようになってるって。合格ライン。
私的には、以前と変わらない90度、そう、直角になるまで戻したい。

「ストレッチすれば、体も柔らかくなりますよね~?足もそう?」の質問に、
「経験からすると、1年で曲がる所までが限界。それ以上は難しいかな。」だって。
骨の周りの組織が、これで良し!と認識して、固定されちゃうみたい。

でも、ストレッチしよっと。だって曲がる様になればラッキー。
特に大股で歩いたり急いでる時、指硬いな~って思います。不都合は無いけど、余裕がない感じがする。

後は、傷跡。
傷跡自体は、残っても全然かまわないんだけど、麻痺しているような、そのくせ、変な痛みがあったり。
未だに、固く盛り上がってるので、床に間違って触れたりしたら、ヒャー!!
だって、ゴリッとかなるんだよ。小石の上に足を置いちゃった感じかな(笑)
ピンポイントで傷が真下になると、寝ててもハッて目が覚めるしね。
もちろん、靴選びも苦労中。

これさえ良くなれば、完璧。

それまで、もうちょっと。

お会計のページ、久しぶりに更新しました。

術後11ヶ月、診察の日。

consult10

4か月のぶりの診察に行ってきました。

術後の骨は11か月を迎えると、ここまで成長♪

半分くらい新しい骨で、隙間が埋まっています。
何もなかった所に、どんどん骨が出来ていく。^^

先生にも、「滑らかな動きになりましたね。」と言われ、ご満悦の私。(笑)
そう。指の動きも見違えるほどに。

左足だけで、つま先立ちはちょっと難しいけど、軽くなら、そして一瞬なら出来る!
(たまにやってみますが、未だに怖くて。)
それに、もう走れる!
(小走り程度だけど、走れる!全速力で走ったことはないけどね。これからも必要がたぶん無い。)

Lfoot1-10

傷付近の痛いようなしびれるような嫌~な感じも、だいぶマシになってきました。
でも、靴を履いたり脱いだりする時は、そ~っと。傷に当たると力が抜けるから。
お風呂で洗う時も、そ~っと。早くゴシゴシ洗いたい。

手術痕は、甲から親指の付け根の辺りが、長時間立っていたり、靴を履き続けていると疲れが溜まったような重たい痛みを感じることはあります。
でも、これもどんどん良くなってきてる。それに、自分自身も気を付けるようにしています。

無理をしないよう気を使っているせいか、残りの右足の痛みも少しマシになってきた。
24時間慢性的な痛みはあるものの、カッツ~ンという衝撃的な痛みに襲われ夜に目が覚める事が、無い。
靴を脱いだ時に、痛くてうずくまる事も、無い。
泣きそうだった痛みから、イライラする痛みに落ち着いてる?

足を休ませてあげるって、とても大事だと痛感中。
以前に比べて、歩く時間も距離も、立ってる事も半分位になったこの11か月。
(必然的だよ。ダラけたんじゃないよ。(笑)

皆さんの足も、優しくしてあげて下さい。

術後9ヶ月、冬の痛みと靴下。

Lfoot1-9

9か月後の様子です。
先月とほとんど変わりません。
と言う事は、きっと見た目の変化はこれでひとまず終了かな。

傷は、まだ少しチクチクしたり突っ張ったり。
微妙な感覚としびれたような感じも続いてます。

靴を履いたり脱いだりする時は、そ~っと。

で、そんな中、来ました!
これが寒さで痛いという事なんだろうな、と思った日。

先日今シーズン一番の冷え込みと、天気予報が伝えた日。

冷えない様にしていたし、冷えた気もしなかったのに、その日は朝から足が重たかった。
ピンポイントで、手術の痕。そう、折れた骨のところ。
重たさは、あっという間にだるーい痛みに変わった。足の甲を踏まれたみたいな感じが続く。
足を触れば、温かいのに骨が痛ーい!疲れた時とは明らかに違う。
歩けないとか、立っていられない訳ではないが、不快な骨の痛みが続くこと3日間。

これからもっと寒くなるのに…ちょっとビビり気味。

そんな足を左右並べて、

feet29

靴下を履いてみてると、

feet26

シルエットに、ひとり笑う。(何だこりゃ?ハハッ。)

左は、丸っこくて可愛い形。(女の子っぽくてイイね!オバサンだけど。)
右は、ごつごつした変な形。

feet27

厚手の靴下でも。

こうやって比べると、違いがよく分かる。
今まで(半分だけど)、こんな足によく履ける靴があったよね。
外反母趾の出っ張りを、無理やり靴に押し込めなくても済むって素晴らしい!

もうひとつ靴下を。

feet28

寝る時用にパイルのモコモコ靴下を3coinsでいくつか買った。
柔らかいし、締め付けもなさそう。それに何より温かそう。
が、何だかおかしいぞ。
朝目覚めた時には、いっぱい歩いたみたいに足が疲れてる~。昨日も今日も。

数日後にやっと気が付いた。
いくら柔らかくても、寝ている間じわじわとやれるのだ。

外反母趾が最悪に痛かった時、靴下やストッキングの締め付けが痛くてたまらなかったのを思い出した。

せめて寝ている間くらいは、足を解放してあげようと思う。
冷やさないようにと気を取られすぎて、失敗。

せっかく買った靴下は、寝るギリギリまで履く事にしました。
履いたままベッドにもぐり込み、意識がなくなる寸前にもうろうとしながら脱ぐ!(笑)

でも朝方ちょっと冷えるんだよねー。どうしよう。
電気毛布はカサカサになるから苦手だし。湯たんぽってどうなんだろ?