左・術後約2年半、右・術後約1年半。

feet34-1

お久しぶりです。

先日、半年ぶりの診察に行ってきました。

ご覧の通り、良好そのもの。左右を並べてみた。

ここまでになると、半年前との差が、ん~、良く分かりません!

feet34-2

普通に立ってるところ。

レントゲン画像を見ない限り、足の中で骨が電動のこぎりで切られ、大変な事を乗り切ったとは想像できない今日現在。(笑)

feet34-3

ぎこちなかった動きも、なんとか余裕のある動きに。

6割の動きが出来れば合格と言われる中、9割くらいは元の動きが出来てると思う。

ボケた写真の通りです。(笑)

feet34-4

動きが悪いとバランス感覚も悪くなるし、力の入れ方も微妙で痙攣したり、ふくらはぎから足の裏までつったり。

筋肉が上手く使えないと、そうなるらしい。

貧乏ゆすりみたい(笑)にガクガク震えたり、急に力が抜けてカクってなったり。

最近は、ようやくそれが落ち着きました。はぁ~良かった~!

グラグラだった片足立ちも、今では疲れない限りずっと立ってられるし、以前に限りなく近い。^^

何事も無く平穏な足になった?

それがね~、”う~ん”な時もあるのです。

外反母趾時代の激痛は、なんだったの?と思うくらい過去の事なんだけど、欲って出るものですね~。

ちょっとでも痛みがでると、「なんで!?」ってね。

とりあえず、今はクーラーで冷えないようにと調子に乗らないよう(無茶しないように)注意してます。

多少の細かい事はありますが、順調かつ大成功な結果にご満悦。

次回は靴の紹介をしようと思います。第4弾。

それでは、皆さんの足もお大事に。

左・術後約2年、右・術後約1年。

先日、1/15に半年ぶりの診察へ。

骨、できてるかな?
な~んて過去に心配していたのが懐かしく、
どこまで立派になっているかと思う今日。

consult12-1

はい。良くできました。
約2年経った、左足です。
踏んでも蹴っても、びくともしなそうなほど。
(実際にそんな事をしたら、きっと気を失う。)

骨密度も高そうな気がする。
勘です。(笑)

骨の隙間が完全には埋って、真っ直ぐ1本になることはないそうです。
埋まったらビックリなほどゴツい骨になっちゃうもんね。
でも、外側の出っ張った所は、丸みを帯びて馴染んで来るって。
この出っ張りが厄介だから、良かった。

consult12-2

こっちが、約1年後の右足。
骨、頑張りました!

以前は、小さなふたつの丸い骨?が、親指と人差し指の骨の間にあった。
(えっと・・・足も人差し指って言うのかな?)
本来は重なっていなくちゃならないのに、親指の骨が、そこから外側へ、ずり落ちてた。
今は、ちゃんと正し位置に。ちょっと透けてる骨の後ろに、丸い物体がふたつ見える。

以前にも書いたけど、手術直後まだ麻酔も切れないうちに、先生から「ここまで上手く矯正できていれば、今後の再発の心配はまず無い」とお墨付きをもらっている。
と、言うことは完全な足になったのだ。
あとは、痛い「記憶」が足から消えてくれれば完全完治。

未だに、まわりが心配して気遣ってくれる。
歩いてる時や立ちっぱなしの時に、声をかけてくれる。
感謝です。
そして、S先生に巡り会えたことに、感謝♪感謝♪

まだまだ寒い毎日。
皆さんの足、お大事に。

左術後1年9か月と右術後10か月

feet32-1

前回の更新からすっかり季節が変わってしまいました。^^;

お久しぶりです。

真っ直ぐな親指も板についてきた。以前の筋張っててごつごつしたミイラみたいな足は、もはや思い出せない。

経過も、いたって順調そのもの・・・だった。
絶好調に過ごしていた。そう冬が来るまで。先月までの話。

12月に入って、激変。
寒気やらナントカ低気圧やらがやって来たせいなのか、とにかく重たい不快な痛みの襲撃。
両足共、骨の上をピンポイントで狙われている。

外反母趾時代の痛みに比べれば、痛いうちに入らないのかもしれないが、一度痛みを忘れてしまうと、免疫が無くなるらしい。
痛いのが怖くて敏感になってる。

とは言え、真っ直ぐな女子っぽい足に感無量。(笑)

feet32-2

こっちが、左で、

feet32-3

こっちが、右。

feet32-4

こっちが、ぐぅで、

feet32-5

こっちが、ぱぁ。

feet32-6

余裕の直角。

背伸びだって、
シェ~だって、
完璧。

(以前より長時間出来ないし、フラつくけど、そのうち出来るようになるだろう。)

来月、久しぶりに両足の診察。
骨の隙間も埋まって、頑丈そうな骨になってるはず。

皆さんの足、お大事に。

良いお年を。

右術後6カ月。

rfoot26-1

真っ直ぐです。
指の長さが、もともとおかしいけど、脱・外反母趾。(笑)
すっかり跡形も無い。

術後、あんなにあった赤みも腫れも無い。

rfoot26-2

横から見ても、ナニゴトも無い。

少し、ギシギシするけどつま先立ちも出来る。(完璧じゃないけどね。)
走れるし、泳げる。(泳ぐのは関係ないか。^^;)

Rfoot 26-1

骨の出来具合も、左足に比べて隙間も少なかったせいもあって、少し早いみたい。(画像は5か月の時。)

でもね、この猛烈な暑さの真夏の日々。
朝・昼・晩、クーラー無しではいられない。

そのせいか、骨がキンキンする。あとギュ~って握りつぶされてるみたいな感じ。
足が冷えてる感覚は無いけど、できるだけ冷えない様にいつものレッグウォーマー使用中。
もちろん、いつもの「指まですっぽり履き」で。

えっ?靴下?

それが、なかなか履けるようにならない。
やっぱり、キンキンする時は少し浮腫むようで、靴下を履くと重だるくなって痛苦しい。
靴下の折り目とか繊維の跡が、右だけバッチリついてる。

なかなか、サヨナラできない地味な痛さ。

先日、ズッキーニを切っていた。
まな板から、コロコロと転がり、落下先は右足の甲の上。

輪切りのズッキーニ。幅5mm。重さは10g程度。

なぜ、こんなに痛い?
うなりながら、痛い事にびっくり。

こういう痛さを感じることは、もう無いと思ってたので、「痛さ」より「痛かった事」に衝撃。

でも、何もなっくたって、足の甲は踏まれたりすると、死にそうになるもんね。
繊細な部分です。お気を付けください。

さて、ここまでくれば終わったも同然なので、次回の診察は年明けの1月になります。それが最後かな?

長きに渡ったこのブログも、いよいよ終盤。(まだ終わんないよ!終盤だからね。)
次回は、また靴の話でもしようかな?

それでは皆さん、足、お大事に。

右術後4ヵ月。

Rfoot25-1

赤みもすっかり無くなり、浮腫みもほとんど無い。
そんな4ヵ月後の足をたっぷり、ご紹介。(笑)

Rfoot25-2

横から見ると、少し腫れぼったい感じ。

Rfoot25-3

でも、こんなに反れるのだ!

Rfoot25-4

グーだって、ご覧の通り。

Rfoot25-5

パーだって、ほらね。なかなかの出来♪

Rfoot25-6

何事も無かったような、平和な足たち。

でもまだ大切にしてるよ。
だって二日酔いの時は、浮腫んで痛いし。(笑)
不意に体重かかると、眉間にしわ寄るし。うわぁっ~!しばらくじわじわって。
時々、発作的にズキズキッて。

来月は半年ぶり、1年4ヵ月経った左足の診察です。

右術後95日目、只今ケイレン中。

Rfoot24-1

3日目に突入。

足の内側が、ずっとピクピク動いてる。
1日に何十回と、小っちゃくヒクヒクしてる。
むずむずして、くすぐったい。

Rfoot24-2

そうだ!私、運動不足だ!

いつもよりテンション上げて、歩幅も大きく歩き出す。
歩き出しは、やっぱり痛い。そのうち慣れて振動に変わる。最後は疲れて、痙攣の合間をぬってズキッ。うわぁ。

違うな。

そうだ!骨と筋肉の癒着が治り始めたんだ!
勝手な想像だけど、うん、たぶんそう。(笑)
極めて楽観的。

********* 追記 ********
現在4日目の夕方、今日は数時間に1回程度。
明日には、治まるな。

右術後84日目、診察の日。

Rfoot23-1-1

今日は、3か月後の診察の日。

レントゲン画像をのぞくと…
はい!やっと仮骨の影!先生の言うもやもやしたヤツが出来てました!
薄っすらだけど、ちゃんと私にも分かるくらい。
これで一安心とまた一歩前進。
手術仲間に見せたら、「なにコレ?術後1カ月で、私こんな感じだったよ!」だって。(笑)

Rfoot23-2

色もやっと戻ってきた。

Rfoot23-3

横から見るとこんな感じ。

おや?何か違いますね~。そうです。かさぶたが取れたのです。
昨日、お風呂の時、排水溝に吸い込まれていきました。
一応、失礼のないように昨日はいっぱい足を洗ったせいか、ぽろっと。
1/3位は、引っかかってすぐに取れちゃったけど、残りがしつこく、今日取れるかな~なんて毎日思ってたけど、全然取れないからすっかり興味もなくなっていた。で、やっと昨日流れて行った。スッキリした♪

腫れ具合は、ご覧の通り。普通の靴を履く勇気は、まだない。
実は、ちびちびと痛いのです。
立っていられない訳でもないし、歩けない訳でもないけど、じわじわと。
術後すぐに比べたら、こんな程度は痛い内に入らないかもしれないけど、さっぱりしない。

手術跡付近のみ。

先生には「大丈夫、絶対良くなりますから大丈夫!」と励まされ(笑)、次回の診察は2か月後。

こんな感じではありますが、3カ月経ち、手術して良かった!と改めて思う今日この頃。
外反母趾時代の、夜中の激痛一撃が無いって、素敵♪