最後の診察

20170309_1

3月9日、これが最後の診察。

「最後にしてもイイですし、年に1回くらいの診察でもイイですよ。どうしましょ?」

ここまで長い間通ったので、名残惜しい気もしたけど、「最後にします。」と返事。

たぶん、この先、不具合が生じることはないと思うし、もう十分診てもらった。

前回の記事の”でっぱり”は、このまま今後も上手く付き合っていくことにした。気を付ければいいし、その内なんとかなるだろうし、もしかしたら忘れてしまうかもしれないし。(笑)

一礼しながら、これまでの感謝を込めお礼を言ったつもりだったけど、いつもよの様に、慌ただしく診察室を後にしてしまった。

先生に「あ、写真撮りました?」って聞かれる始末。

2013年2月から始まった、このことは、私の中ではちょっとした”事件”。

2度の手術を経て、しかも日帰りと入院と言う欲張りな体験をして、気が付けば4年の歳月。

ブログのタイトル通り、小学生の頃から長い長い付き合いをしてきたけど、これでひと区切りついた。たかが外反母趾、されど外反母趾。これからそこそこ生きるとして、人生の半分ほど共にしてきたけど、ようやく終止符を打てる。

良い先生に巡り合え、サポートしてもらえる環境もあって、感無量。感謝が尽きません。

家に帰って、「今日で最後だったよ。」と伝えると、「手術して良かったね。前は歩けなかったもんね~。」だって。

私、歩けなかったっけ?

どうやら、出かけても、痛いからもう歩けないとか、いっぱい歩くなら行かないとか、しょっちゅう言っていたらしい。外反母趾と共に、記憶も消えているようです。(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

現在の様子。

左・術後4年。

右・術後3年。

真っ直ぐのままです。へんてこなグリグリした骨もありません♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

疲れたり、着圧ストッキングやタイツを履くと、痛苦しくはなりますが、”激痛”とは無縁です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

診察は終わりですが、次回は現状やら考察やら、思うことを少し書き留めておこうと思います。(最終回はまだです。しつこく続きます。)

****お知らせ****
須田先生が移動されます。
4月からは、国際医療福祉大学塩谷病院の院長に就任されます。
就任後も、週に1回現在の三田病院での診察を行う予定ですが、新規の患者さんは塩谷病院でお受けするそうです。

*****追記*****
2017年5月27日8時より放送予定:NHK「チョイス病気になったとき:足のトラブル」に須田先生がご出演されます。

*再放送のお知らせ*
Eテレで、7月2日午後3時30分から午後4時14分まで再放送されます。