右術後72日目、これでも順調。

Rfoot22-1

夜の痛みも落ち着き、ときどきズキズキッてなるくらい。
浮腫みも、こんなに少なくなって足が小さくなってきた。
親指は、ずんぐりむっくりで、憎めない可愛らしさ。(笑)

血流が悪いのかな~?
え~って思う様な色だけど、見た目に反して全然大丈夫。
力を加えなければ触っても痛くないし、何ともない。

Rfoot22-2

ほらね♪いっぱい反れるようにもなってる。
一段ずつ降りてた階段も、今は普通に近いかんじで降りられるようになった。

着替える時に、壁や物にちょっとだけ手を添えてるんだけど、先日、支えが無くても、イケるだろうって思ってるうちに勝手に体が動いた。
と、その瞬間、目の前が真っ白!息もできない激痛!
何と、バカな事に体重どころが重心までも親指に持って来てしまったらしい。

普段、体重をかけながら歩いたり立ったりしてるはずなのに、「つもり」だったのだろうか?

久しぶりの激痛事件でした。

右術後61日目、前進!

Rfoot21-1

昨日で、丸2か月が経ちました。

2か月前の大雪のバレンタインデー。
あまりの大雪に、病院スタッフざわざわ。
私はドキドキ。
2か月って、早いな。

で、見て下さいませ!
浮腫みもだいぶ収まってきました。
真っ直ぐなのが、良く分かります。
夜になると、手術跡の骨、そこだけがキリキリ痛いけど、
しばらく停滞気味だったので、かなりの前進です。
うっ血の色も薄くなってきた。

指の動きも大きくなってきたし、歩く時も楽に。日中はず~っと立ってられる。
いきなりの地面を蹴る練習は、難しいので、親指の反る練習をぼちぼち。
自分ではいっぱい反ってるつもりでも、全然動いてない。
まだ、しびれてるから、動かしてる感覚もないけど、頑張ろっと♪

右術後57日目、診察の日。

Rfoot20-1-1

2ヶ月目、昨日は診察の日。

期待して、画像をのぞき込む。
「今回は早いかな?」と先生。「私もそんな気がしま~す!」
と言ってみたけど、アレ?先月との違いが分からない…。
しかも、先生、今、ちょっと沈黙したでしょ!アレ?って思ったでしょ!(笑)遅くてゴメンね~。

骨膜は、薄~くあるようだ。
局部は、何も問題なし。
肝心な仮骨は、まだらしい。

左足同様、進みは遅い。
これは仕方ない。そう言う体質なんだから。

私的には順調なので、心配はしてない。体重もかけられる様になったしね。これからは蹴る練習が始まる。
ただ、お天気のせいなのか、季節の変わり目のせいなのか、ここ一週間くらい痛い~。(T_T)

夜になると、親指の骨がキィ~って。
うぇ~ってなって、なかなか寝付けないし夢見も悪い。
パンパンに腫れて傷口が裂ける夢なんて見ちゃったよ。(笑)

日中はそうでもない。ずっと立ってられるし、着地の時に衝撃は感じるものの、がんがん歩ける。

Rfoot20-2

昨日の診察から帰ってきた浮腫んでちょっとだるい足と、今朝の軽い足。
本人しか分からない、見た目の微妙な違い。

かさぶたがの両端が、レッグウォーマーに引っかかって取れたので、小さくなりました。
数日中に、残った真ん中の部分も取れそう。