右術後44日目、指スッキリ。

Rfoot19-1

指の間に隙間ができて、スッキリしてきた。
腫れのピーク時は、せっかく手術したのに親指が人差し指に踏まれたままで、「角度は真っすぐになって、指も短くなったのに、まだちょっと重なってる…。」と気になってたけど、スッキリしたらそうでもない。良かった♪
(踏まれたままだと、爪が柔らかくなって薄くなるんだよね。)

指の長さは、デコボコです。愛嬌があって可愛い指たち。(笑)

数日前から膝から下がすっごく冷たくなる。
寝ていて、どこからか冷気を感じる…。
犯人は、右足。当事者である右足は冷たくなっていることを感じてない。
右足があったシーツの上だけ、びっくり冷たい。

冷やされたお蔭がどうか不明だけど、急に指の動きが良くなったので、グーとパーをお披露目。

Rfoot19-2

こっちがグーで、

Rfoot19-3

こっちがパー。

えっ?それだけ? ー これだけです。
でも急に動くようになったんだよ!
それに、すごく楽になった。

去年も同じような事を書いてる。
ワイヤーを抜く一週間も前、24日目で寒い!と。
45日目で、スッキリ爽快!と。
早かったり遅かったり。今回の方が回復が早いと思ってたけど、やっぱりどっちも自分の足。治り具合も同じくらいなんだろうか。
でも、骨のくっ付き方は、全然違うと思う。素人目にも術後のレントゲン画像で「こりゃ~早いや!」って思ったくらいだから。詳しくは後日ね!

Rfoot 19-4

スッキリして動くようになったとは言え、これじゃ~履ける靴なんてまだないよね。履けても痛いよ。
だからしばらく、外へ出る時は装具のお世話になるつもり。

右術後35日目、横から。

Rfoot18-1

横から見ると、こんな感じです。

あの出っ張ったぐりぐりも無くなってます。
正しい位置に戻ってる証拠。^^

Rfoot18-2

両足を比べてみる。

正面から見ると、そんなに違いは分からないけど、横から比べるとやっぱり違うな~。
腫れて赤くなってるのに痛みもなく歩けるって、なんだか不思議。

左足のゴミみたいのは、1年前の傷跡。頑張った印♪

右術後32日目、素足お披露目。

Rfoot 17

じゃ~ん!
素足でございます!

もうお風呂の許可が出たので、包帯は無いのです。

甲から先が、ひっどい色になってます。写真で分かってもらえるかな~?この打撲のような色。
ワイヤーを抜いた時は、血の気がなくろう人形みたいだったけど、今は異物が取れて血が通いだしたからこの色?
腫れもそこそこあり、足の裏が、ぷっくりしてるのでキチンと足を付けない。
このままだと、キケンだし落ち着かないので、絆創膏を貼ってます。
ガーゼを当てて、ネットをかぶせることも。
無防備は親指は、なすすべなし。

一か月分の溜まりに溜まった垢を、お風呂でひたすら落とす。
が、手ごわいんだよね。これが。
もちろんゴシゴシは無理なので、そっとしか洗えませんが、キレイになったと思っても乾くと、また粉ふいてる。(T_T)
もし、写真でガサガサで粉っぽいところがあったら、それは垢です。(笑)

右術後29日目、ワイヤー抜けた!

Rfoot15

包帯が、小さくなりました!
もう頭でっかちじゃない。

でも今日は朝から、指の隙間も無いほど腫れてる。甲は包帯が軽く食い込んでる。
じわ~ん、じわ~んと甲からつま先にかけて痛い。

なぜなら、昨日、いつも以上に歩いたから。よちよちノロノロと。

そう。診察があったのだ。
回復も順調で、昨日は予定通りワイヤーを抜いた。
例のごとく、あっという間にサッと。
先生がスルッと抜けたワイヤーを持ったまま、「あれ?もう抜いちゃったけど、写真撮りました~?」だって。(笑)
忙しいのに、気を使ってもらっちゃいました。
まさか抜いてる瞬間なんて撮れないよね。
大丈夫だと分かっていても、怖いし緊張して、手にはたっぷり汗にぎってたし。

その前に、ちゃんと撮らせてもらいました。
もう二度と見られないであろう、串刺しショット♪

Rfoot16

まったく血の気の無い親指。
どうりで感覚が無いはず。

ワイヤーを抜いてひと段落したので、後はこのまま骨が形成されるのを待つのみです。

そんな訳で、診察後にランチを食べ、またよちよちノロノロと帰路に着く。
途中から、ヤバいなと思いつつ帰宅。
案の定、一歩ごとに痛い足。(+_+)

これが今朝の腫れの原因なのだ。

※先生、またテレビに出るんだって。(3/19 NHK Eテレです。)

右術後26日目、ひとり立ち。

feet31

出かけるときは、誰かと一緒。
人が近くにいると、恐怖なのです。だから万が一の時助けてもらおうと思って。
この人、急に後ろに下がってきたらどうしよう?とか、
何かにぶつかったら、倒れるな。とか、
転んだら、きっと痛いな。とか、
スーパーのカートにも足をひかれそうな気がする。(笑)

そんな事は、ほとんどないと思うけど、妄想は膨らむ。

結局今のところ、ひとり立ちできるのは、近所のコンビニ。

午前中はまだ体がボーっとしているせいか、足を下ろしていると、”う~ん…”な感じ。
夕方になると、少々浮腫んで、親指の先がジンジンするし、立っているのも、”やめとこ…”ってなる。

私の外出ゴールデンタイムは、お昼前後なのだ。

装具とスニーカー。それと杖を持つ。
以前紹介したサンダルは、まだ寒過ぎなのでスニーカーを。右足は指先までレッグウォーマーですっぽり。
スニーカーは年季の入ったホーキンス。以前から持っているそこそこ歩ける靴のひとつで、去年の一斉処分も免れた靴。
ソールも中敷きもなかなかの厚みだったので、これに2cmくらいのインヒールを入れてみました。
そんなに高さの違和感なしです。

実は、術後の左足にスニーカーを履くのは初めて。
まだキズに何かが触れるとしびれた様な違和感がある。強い力が加われば、もちろん痛い。
歩き始めは少し気になるけど、大丈夫。
でも履く時、いちいち紐を大きく広げて結んでってしないと、履けない。入り口でキズにぶつかるから。
横着者なので、今まで結んだ紐は、履く時も脱ぐ時もそのままだったんだよね。

肝心な右足は、順調に回復中!
歩く際、足をもち上げた時に痛みがあったけど、ここ数日は着地する時のほうが痛いかな。
それを避ける為に、体重を小指側の側面にかけてしまう。いいんだろうか?
コキコキいってたのも、収まりつつあります。その代わり何かの拍子にゴリってなる。(汗)

装具は、3本のマジックテープで調節できるようになってます。
親指一体と甲が締め付けられる痛いので、足首に近い所はキュッと固定。
他の2本はパカパカしない程度のゆるめに。

こんな微調整をしつつ、リハビリも兼ねた外出。

右術後21日目、しわしわ。

Rfoot14

腫れも落ち着き、指がしわしわになってきました。
日課になっている、朝の足拭きが終わったところ。

まだお風呂に入れないので、シャワーです。
もちろん右足は濡れちゃダメなので、ビニール袋をかぶせる。
装具を履いたままビニール袋をかぶせて…ってことになってますが、
かえって危ない?
ただでさえ、水回りは怖いし、バランスがうまく取れないので、履いてませーん!
その代わり、足は絶対床に着かないようにしてます。
それと、元気になった左足が非常に頑張ってくれているのだ。

私は、片方ずつの手術を選んだ。
お陰でお風呂場に限らず、大変な時は大丈夫な足が威力を発揮。いざとなれば、ダメな足を守ってくれる。
個人的に、大正解。
“一度に両足”って、痛さも怖さも不便さも2倍のような気がして、私には無理だな。
短期集中より、広く浅くタイプなんだろうか?(笑)

話はそれましたが、このしわしわ、夜になると少々浮腫むので無くなるんだよ。

右術後14日目、抜糸。

Rfoot11

少ないとは言え、そこそこに腫れてます。
指よりも、足の甲と裏が腫れてるみたいな気がします。

装具を履いて歩いてますが、着地した時にコキッという骨の動く音と感触に腰が引け、足を上げる度に甲と親指の骨が少々痛いので、無駄に歩きません!(笑)

ふいに動いた時にイテッとなりますが、動かない限り痛みは無いです。
しびれているような感覚だけで、むしろ存在さえ忘れてしまいそう。

Rfoot12

先日の診察時の画像です。

変化なし。
じゃなくて、異常なし。不具合なし。

と、いう事で抜糸です。
※術跡画像、出ます。注意です!

Rfoot13

4日目の時よりも、うっ血が表面に出てきています。
でも前回に比べれば、全然キレイ。

こんなにちっちゃい傷なので、3針。
(足の中、折れたり刺さったりして大変な事になってる割に小さいよね。)
息を止めてる間に、先生がピッピと。
チクチク、ヒヤっとなって、おしまい。

次回は2週間後。
ワイヤーを抜くのだ!