回顧録、術後と入院生活。

「ハイ、終わりです。お疲れさまでした。」
お礼を言い、手術室を出る。

先生の「昨日眠れました?」の質問に、
「いいえ、全く。」で始まった手術も無事終了。

興奮状態のまま、そのうえ汗だくのオペ着のまま病室のベッドへ倒れ込む。
歯が折れるかと思う位、体中に力が入っていたので、疲労困憊。

家族も帰ったので、着替えて体を拭き、少しうとうと。

頭が痛い。微熱もある。目をつぶっているのにクラクラする。
麻酔がいつ切れるんだろうと、ビビりながらうとうと。
術後の右足が、重たく感じる。すっごく重たい。
おまけに、お天気のせいなのか左足の手術跡までキンキン痛い。
(この日は、見た事もないあの大雪の日。)

痛くなる前に、早めの痛み止めを使う。たぶんもう夜だったと思う。
これで、頭痛も良くなるって言われたけど、治らなかった。
(結局、頭痛と微熱は10日くらい続いた。)

突然、ハッと我に返る。
いま私、「う”~」って声出してたよね?うなってたよね?ここ、大部屋だよね~?!
ヤバい。我慢がまん。痛いの我慢してるのにうえに気使っちゃったよ。(笑)
痛み止めも、効いてるのか分からない。(何回が使ったけど、効かなかったような。)

室内は暖かいけど乾燥していて、全身かぴかぴになってる。
手のひらもガサガサで、シーツが引っかかるし。
マスクをしていても、鼻も喉も完全にやられてる。
リップクリームを塗っても口びるが縦に割れた。こんなのたぶん小学生以来。

食事もしない。水分もろくに取らない。
看護師さんに「ダメ」言われる。
仕方ないので、牛乳を少し飲んだら、お腹がゴロゴロ。イ、イタイ。
「食べないと!」と言われ、次は食べます!と宣言してしまったので、久しぶりに食べてみる。ひとくち、ふたくち…。
今度は胃が痛くなって、食べられず。

踏んだり蹴ったりの3日間。

その後は、順調そのもの。
痛みも薄れ、めまいも無くなり、ご飯も良く食べた。

前回の日帰り手術では、地獄のような3日間だったけど、今回の入院では、散々な3日間ではあったが、地獄数歩くらい手前だったと思う。
一番の違いは、足に熱を持たなかったこと。そのお陰で腫れも痛い部分も小さくて済んだような気がします。それに、4日目にしてベッドの上に座っていられるようになり、5日目には足を下ろしてられる(ずっとじゃないけど)ようになったのは、以前より1週間くらい経過が早いんじゃないかな?

どっちにしても痛いことは痛いけど、術後にどれだけ動かないかで、特に4日目以降が、こんなに違うのかと思いました。

前回の日帰りの時、出来るだけ早く帰り、動かないでいようと思った。
病院の玄関から家のドアまで、最短移動で1時間半。とにかく早く帰ろうと思った。
駅構内では駅員さんに車いすを押してもらい、なるべく歩かないようにしたつもりだった。
(終わってから、病院内を結構歩いちゃった。レントゲン撮りに行ったり、診察室戻ったり、お会計とか。この時は、車いすを使うという発想が無かったんだよね。)

やっぱり手術室から病室までの車いす移動にはかなわない。
それに、看護師さんたちもついている。
入院バンザイ!経過の良さが物語ってる。
なかなか楽しい入院生活だったし。

でも、もし次があるとするなら、(ナイナイ!次何て無いよね!)
日帰り手術で、車で迎えに来てもらおっと。院内も絶対歩かない!

右足、矯正完了写真。

Rfoot10

こうなりました!
手術直後の画像です。
ワイヤーが見事に挿って、矯正されています。
あのぐりぐり部分も、しっかり中に収まっていてるし、指は真っすぐ。

手術前日の説明の時、先生が突然何を言い出すかと思ったら、
「親指が長くていらっしゃる。」って。
指が長い?親指だけ?

どうやら、親指だけが長い足のタイプみたいで、結果、他の指の長さまで親指が靴で押されてしまい、外反母趾を助長。

そう言えば、大きめの靴を履いても、親指の爪の中に血豆みたいのが出来る事が多々あったな。
確かに、他の指は短い…。薄々、自分でも気付いてたよ。短いな~って。
先生、気を使ってくれたのか「他の指が短くていらっしゃる。」とは言わなかったけど。(笑)

そこで、先生の技が炸裂!
なんと、外反母趾の矯正と同時に、ちょうどイイ長さに調節してくれるって!
その結果が、画像の通り。骨の切り方を工夫して、ちょうど良くしてくれたのだ!
前回の左足に比べ、骨の接地面が多いから骨のくっ付き方も早いみたい。

やっぱ、先生スゴイね!

説明の時、わー、そんなことも出来るんだ!って思いながら聞いてたけど、冷静に考えると、長い指が短くなるって、ちょっと微妙。長い方に合わせたいかも。(笑)

そんな事より、バランスの取れた長さで、今後も支障が無いようにしてもらったことに感謝です。

右術後9日目、うっ血。

Rfoot9

うっ血が表面に見えるようになってきました。
くすんだ赤・青・黄、色とりどりです♪
くるぶしの下やアキレス腱辺りまでカラフルに。

腫れは、前回より少なく小指に至っては腫れもうっ血もない。

昨日は午前中にシャワーを浴び、家の中を2周ほどして、後はゴロゴロ。

夜になって、急に痛み出す。
手術で可愛そうな事(笑)になっている親指の骨全体を、ギュ~って握りつぶされてるみたい。
退院前に、鎮痛剤の座薬をもらっておけば良かったかな~?とか、でも全然効かなかったしな~。やっぱり予備でもらっておけば
…とか、痛みをこらえ眉間にしわを寄せて頑張っていたら、朝になった。

完全に寝不足。

祝・退院。

Rfoot8

6泊7日の入院生活終了!

さぁ、お家に帰ろー!

*** 追記 ***

お家に到着。
まずは、私のゴロゴロスペースを快適にするために、”かまくら”作りました!

goods1-1

布団が直接足にあたらないよう、中に空間を作った。布団があたったら、あ”~!ってなるから。

病院では、ちゃんとドーム型の器具(名前はリヒカ。taki さんが教えてくれた!)を使っていたけど、私が使ったのはコレ。

goods1-2

座椅子!
一年前の左足の時、床に座ることも増えるだろうと思って購入。足を高くしておく必要があった時にも活躍。

goods1-3

それをパカッと開いて、こんな感じに立てたら、布団をかけて完成!

goods1-4

後ろから見ると、こうなってます。
足がスースーしないように、覆いました。

座椅子の意外な使い道。
予想以上に、快適♪

入院6日目、術後5日。

今日は、先生がキズの様子を見てくれます。
衝撃映像第二段。右足ver.

※苦手な方は、これ以上スクロールしないでね!

Rfoot5-1

まずは、包帯を取って、

Rfoot5-2

見えてきましたね~。

Rfoot5-3

出ました!串刺し!
今回は入院のお陰か、うっ血が少なくキレイです。

Rfoot5-4

矯正しているので、親指が”これでもかっ!”と言うくらい真っ直ぐ。そして、むちむち。

Rfoot5-5

まだ付着していた消毒液や血液を拭いてもらいます。
先生、優しい顔してガンガンゴシゴシ拭く。(笑)
い、痛い!(>_<)

Rfoot5-6

キレイに包帯を巻き直してもらって、終わり。

朝から、汗かいた。

午後の歩行訓練。
怖いのと痛いのと…また汗かいた。しかも着替えが必要なくらい。
試練(笑)を乗り越え、”まあ、良しとしましょう”のお言葉をもらい、無事に合格。

そして、明日は退院♪

入院5日目、術後4日目。

Rfoot4

術後4日目にして、痛みも落ち着いて来ました。
まだ微熱が続いてるけど、食べられなかったゴハンも、やっと食べられるようになった。
栄養満点のゴハンを5食も逃してしまった。(T_T)

今回は、入院のかいあってか痛みが引けるのも早かった。(もちろん、今も痛いことは痛いよ!)
それに、今のところ腫れも少ないような気がする。
前回は、これ以上、皮膚は伸びないだろうって位パンパンだったけど、今は足の指にまだシワが残ってる。

色は赤紫になってるけど、指と指の間に隙間もあるもんね~。

さて、これから歩行訓練らしい。
足が下に降ろしていられるか?

********追記***********

Rfoot5

不発に終った歩行訓練。
痛みが出て、途中リタイア。
車イスに変更です。

終ったあと、ちょっと腫れたかも。(T_T)
指に隙間が無くなった…。

また明日、挑戦です!

入院2日目、手術当日。

Rfoot2

2014年2月14日午前9時。
手術の時がやって来ました!
緊張の時。

Rfoot3

無事終わりました!
まだ麻酔が効いてます。
微熱と頭痛が少々。
極度の緊張と力いっぱい怖さに耐えたので、ぐったり。

麻酔が切れた時、怖い!(>_<)