術後の靴、冬。

夏に引き続き、術後に買った靴の紹介、冬バージョンです!

7ヶ月ちょっと経ちますが、まだ傷周辺の感覚は完全にもどらず、何かに触れれば痛いし、ぶつかったりすれば息が止まる位痛いです。

なので、靴選びは大変。そんな中、いくつか履ける靴を買いました。

shoes6

ミネトンカ・ウッドビーズモカシン
モコモコに誘われた。(*^^*)

shoes6-1

本当は、アグのジープスキンで中が天然ウールでモコモコのダコタモカシンが欲しくて買いに行ったが、履けるサイズだと異常に足が大きく見える。というか長い。良かったけど今の私の足にはしっかりし過ぎていて、慣れるまで時間がかかりそう。ひとまず保留に。
そんな中、幅が狭いからミネトンカは絶対履くことは無いと思ってたけど、あれ?このモデル幅広い?つま先も丸い?試着してみたら、履き心地も柔らかくて軽い。傷にも当たらない。アグと比べたら耐久性は無さそうだけど、今現在の履き心地を最重視!こっちだな。
店員さんには、足に馴染んでくるからと、ぴちぴちサイズを勧められたが、脱げない程度のゆったりサイズにした。長時間履いてられるので、当たりな一足♪

shoes7

フィットフロップ・シャビフェルト
夏にここのを買って良かったので、冬も♪

shoes7-1

楽ちん♪楽ちん♪
でも、慣れるまでちょっと時間がかかりました。かかとが固定されていない為か、足を入れる所が深い為か、歩く度に傷が擦れる感じ。今は、ようやく慣れたし、厚いユルユルな靴下でも履けるので重宝してます。
フェルトの他にヌバックもあったけど、履いた感じが重かったし固かったのでフェルトにしました。

shoes8

レザーロングブーツ
柔らかい牛革のロングブーツ♪

shoes8-1

履く時、おっかなびっくりなので、ゆっくり足を入れますが、入ってしまえばこっちのもの。中の空間も広く、柔らかいレザーだけどつま先と甲はしっかりしていて傷にも当たりにくい。ただ、長時間歩けるかどうかは不明。中にちゃんとした中敷きを入れたほうが良さそう。そして、弱点。革は冷えるのだ。
ブーツの悩み…足のサイズに合わせると、筒周りがいつもブカブカ。仕方ないか。細いタイプは、大体つま先もワイズも狭いから履けないもんねー。外反母趾には敵だわ。(笑)

どの靴も共通して、つま先が丸く、靴の中で指が自由になる。もちろん傷が痛くない事。
私の中では、「履ける靴」と「歩ける靴」のふたつのカテゴリーがある。その日の歩く距離や外出時間がどれだけかによって履き分ける。
今回紹介した靴は、まだ購入して1~2か月ほど。まだ「履ける靴」にすぎないのだ。
これが「歩ける靴」に昇格できるかな?
(ちなみにスニーカーは以前から苦手です。なぜか痛くなりやすい。)
手術前も手術後も、靴選びは大変。これからも靴探しは続くのだ。

おまけにこちらも。

shoes9

いつものブーツたちを出しました。だいぶ履きこんでるけど、冬はこれに限るね~!

術後7ヶ月、直角!

Lfeet28
※鏡を使ってパチリ。左右ご注意です。

今、こんな感じでーす!
ほぼ直角にまで、曲がるようになりました。

実は、前回の診察前にこのままではヤバいと思い、リハビリにラストスパートをかけたのです。

朝晩に、力を入れて出来る限りのグーと開ける限り開くパーをゆっくり10回ずつくらい。
歯磨きの間、背伸びをしている事と、気付いた時というか暇な時に、(1日2回ほどだけど)かかとの上げ下げを10回づつくらい。これもゆっくりと。
後は、意識してちょっと大股で歩く。

張り切り過ぎると、後から鈍痛がくるので、私にはこれくらいの揺る~いのが合ってるみたい。

で、その結果発表!

foot22

曲げる!

foot23

反る!

foot24

開く!

こんなに動く様になりました。
以前「動きがイマイチ」と記載してから、2週間位でかなり動くようになり、今ではもとの8割から9割にまで戻ったんじゃないかな?
だったら、もっと早くやれば良いのに…ね~(笑)

foot25

左右だと、こんな感じ。

まだ萎縮が残ってるって。それが無くなればもっと浮腫みが取れるそうです。もう十分だと思ってたのに、これ以上スッキリしてくれるなんて嬉しい♪
浮腫んでる感覚は無いけど、手術してない右足と比べると、やっぱり少し違うか。

右足、足ひれみたいにぺったんこだもんね。

次回、入院です。

consult8

ちょっと前に、2ヶ月ぶりの診察でした。

「あー、良かった。こんなに骨できてますよ。どうしようかと思ったけど、もう安心。写真どうぞ。」

先生は、私がブログに写真をアップしているのを見てくれているので、骨のできが遅いことにハラハラしていたらしい。

先生、ゴメンね~!
ご心配をおかけしましたが、お陰様でご覧の通りでございます♪

これ以上、遅かったら営業妨害になりかねないもんね。(笑)

consult9

写真だと、ちょっと分かりにいくけど、しっかり出来てます!
(いつも慌てて撮るので、イマチイな写真…。)

そして、本題。

タイトル通り、次回残りの右足は、入院になりました。元々の希望は日帰り手術でしたが、色々あるのでよちょっと静かな場所にエスケープ。現実逃避入院?(^^;

「いつにしましょう?」
「来年の2月、空いてますか?」
「僕は大丈夫ですよ。2月なら7日でも14日でも。」

手術は、毎週金曜日と決まっている。

「じゃー、14日でお願いします!」
「おっ、バレンタインデーですね。」

こんな会話をしながら、来年のバレンタインデーに決まりました。

通常、入院なら手術時の麻酔は全身か下半身で行うらしい。
そうなると入院時期も先になってしまうみたい。

入院だとしても、日帰り手術同様に局所麻酔なら比較的時期が選べるっぽい?

手術は、みんな局所麻酔でするのかと思ってたけど、違うんだね。

「前回、局所麻酔で、あの痛みに耐えられたのなら、次回も大丈夫でしょ。」と先生。

耐えたと言えば耐えたよ。あの痛みに。あまりにも痛すぎて、ちょっと記憶喪失ぎみ。
局所麻酔は、切れた時の痛みが大きいようです。

hospitalized1

早速その日の内に、入院の手続きしてきました。
部屋の希望出したり、持ち物とか、入院費用の限度額適用認定証の事とか、色々説明も受けてきた。で、ご案内ももらってきた。

まだ先だけど、これで残りの手術の日と入院が決まったので予定も立てやすくなる。

一年後には、外反母趾から解放されて鼻歌うたいながらスキップしてるかもね♪もちろん新しい靴で!