術後12週、診察の日。

タイトルを日数から、週または月にしようと思います♪

consult6

昨日は、診察の日でした。
さてさて、どうかな?

相変わらず、骨のでき具合が遅いのだ。
遅い人は、いつまで経っても遅いのだ。
急に早くならないし、これは体質の問題?

半年から1年かけて、固まっていくらしい。

「どんどん歩いてもらって結構です。でも、まだ走らないで下さい。」だって。

極端に運動をしない私にとって、走らない事は全く問題ない。電車に乗り遅れそうになったら、見送ろっと。

レントゲン画像を指差しながら、
「こういう所が萎縮しちゃってますね。これが治れば腫れも引きますから。」

今度は何?イシュク?
癒着の次は萎縮?

指5本の関節あたりが、うっすら黒い。
簡単に言うと、骨が作られる速さと弱くなる速さの需要と供給のバランスが取れていないんだって。要は、しばらく過保護にしてたので老化しているらしい。

そうは言っても、悪くなってる訳じゃない。不都合もなく、ゆっくりなから回復中♪

*お会計のページを更新しました。

病院を決めた訳。

feet16

DLMO (デルモ)法か…。

手術を前提にネットで色々調べると、頻繁に目にする言葉。

第一足指外反症矯正手術のDLMO法。これこそが、私が受けた外反母趾の手術法。
今現在、主流らしい。
この手術自体を行っている病院もたくさんある。
でも、同じDLMOでも病院や執刀医によって少しずつ違うみたい。

基本的な部分…第一中足骨を切り、鋼線で固定するのは同じ。

だけど、手術時間が短くて済む所もあれば、1時間以上もかかる所も。もちろん症状によって異なるだろうけど。麻酔も局所だったり全身だったり。切開ヵ所も1個とか2個とか場合によっては3個とか。大きさだって、2cm以下だったり10cm以上だったり。
術後もシーネスで固定か包帯だけか。入院日数も極端にバラバラ。

せっかく受けるなら、最小限の負担(肉体的にも金銭的にも)で、ちゃんと治してくれる所がイイ!それに越したことは無いよねー!

それともうひとつ。
夜間救急で、顔からぽたぽた血を流してるのに、目も合わせずパソコンに向かいながら「どーしましたー。」って、溜め息まじりでつまんなそうに言われてもね~。ちょっとね~。夜で機嫌悪かったかな?(経験談・笑)
先生や病院に不信感を持たないって事です。大切でしょ?

で、そんな中、フフ♪見っけ♪
K.O大学病院のS先生。
短時間で傷口は1ヵ所。日帰りか入院が選べる。症例は800件以上。しかもDLMO法はここの研究チームが開発。
ただねー、ちょっと遠いし人気あり過ぎ。

他に、私に手術(無理に勧める事も無く)という選択肢の提示をしてくれた足専門のN整形外科。痛みのメカニズムや、親指の軟骨がすっかりすり減って影も形もなくなってる事、骨同士が直接ぶつかってこれも減っていることなどを教えてくれた。説明上手♪DLMOで入院。他、時間とかは不明。

2つの候補。

全然関係ないけど、ぜんそくでお世話になっていたSクリニックの先生が「診てもらいたい医者がいるなら、絶対頼むべき。他で妥協して、万が一が起こった時、後悔するし、上手くいっても、あの先生だったらもっと…って思うよ。」

なるほどね。

ハイ!決まりー!行きまーす!通いまーす!K.O大学病院に決定!
Sクリニックの先生が、全ての段取りを取ってくれた。

手術を受けてから約2ヶ月半。
ここで良かったと思ってる。右足もここでS先生にお願いする気満々!

ネットの情報だけで比較するのは難しいけど、皆さんも納得できるイイ病院が見つかります様に!

長くなっちゃった。(^_^;)

術後67日目、取れた!

Lfoot25

しぶとかったかさぶた、取れました~!
2ヶ月以上もたってやっとです。

傷痕は、1.5cmくらい。ちぃっちゃい♪
うっ血の跡だと思うけど、甲にそばかすみたいのが所々に残った。そのうち傷痕と一緒に消えるだろう。

feet15

親指を反る練習の成果?
比べてみると、まだまだみたいだけど、これでもかなり柔らかくなったし、反れるようになった。手を使うと、もっと曲がるよー。
歩く時も、ちゃんと体重かけて頑張ってます!

Lfoot26

先日の診察の時に、指をいっぱい広げる運動をするように言われた。
土踏まずの上の所に筋肉が付いて、親指が内側に入らないよう筋肉が引っ張ってくれるんだって。筋トレ?(笑)

術後2ヶ月、ビフォーアフター。

Lfoot1
手術を受ける前。

こ、こんな足してたんだ~。
気持ち悪い足ですね~!(笑)

Lfoot1-1

術後1ヶ月。

Lfoot1-2

術後2ヶ月。

腫れも落ち着き、甲に血管や筋が見えるようになりました。
とは言っても、右足と比べるとまだまだ。

術後数日間の、あの強烈な痛みは、もはや思い出せないくらい遠い昔のよう。
今は、しばらく動かせなかった関節や筋肉が痛いのか、ちよっと違う違和感のような痛みが、所々あるのと、時々ズキズキッとする手術跡。

気になるのは、これくらい。

そうそう。2ヶ月経つけど、靴下を一度も履いてない。一日のうちでスッキリしてる時間帯もあれば、パンパンに腫れる時もあるから、締め付けられる靴下は履きたくないのだ。家の中では、大きめのルームソックス、外出の時はレッグウォーマーを指の付け根までずり落として、サンダルやトングを履く。

今までこんなにレッグウォーマーを愛用したことがあっただろうか?いや、無い。そして、これからも。(笑)
残りの右足やるときは、もちろん愛用するけどねー!

治りが遅いみたいだけど、私的には順調な”術後2ヶ月”。
そして、何よりも真っ直ぐな親指が嬉しい。

術後55日目、呑気な骨。

consult4

昨日は、診察の日でした。

画面に映し出されたレントゲン画像を前に、
「少し骨のできかたが遅いですね。」

予期せぬ先生の言葉。

おかしいな~。私的には日進月歩のごとく順調な回復ぶりだと思ってたのに。
呑気な性格は骨にまで?確かに、アップにされた手術跡の画像は先月と変わらない。

本来なら折れている骨の接着部分は、黒く映り、くっついていると判断するらしい。
でも大丈夫、ここ、薄いけどグレーになってるでしょっ!って、私にはよく分かんない。他には、よーく見ると一応、モヤモヤした骨膜もある。

これも個人差なんだね。

consult5

痛くない範囲で、親指を反る練習をして下さい、だって。

あれ?二ヶ月経ったら、地面を”蹴る”じゃなかった?前にそう言ってた気がする…。術後の経過次第?

“反る”と”蹴る”って意味が少し違う気がすると思わない?